トピックス

トピックス一覧をみる

第85回中央メーデーに参加しました

2014年5月1日掲載

~力をあわせよう!心をつなげよう!みんなの暮らしの底上げ実現のために~

4月26日、連合主催の「第85回中央メーデー」が代々木公園(東京・渋谷区)で行われ、連合傘下の組合員約4万人が集結。NCCUからも組合員とご家族合わせて60名が参加しました。

挨拶に立った連合の古賀伸明会長は、政府が労働者保護ルールの見直しを進めようとしていることに触れ、「労働基準法をはじめとする労働者保護ルールは、最低限のルール。働く者の犠牲の上に成長戦略を描くことなど許せない。今年のメーデーは、『STOP THE 格差社会! 暮らしの底上げ実現キャンペーン』の一環として位置づけ、全国で特別決議を採択することにしている」と述べ、「"すべての働く者の幸せの実現のために力を結集する"という連合結成の原点を忘れずに、積極的な運動を展開し、時代を切り拓いていこう」と呼びかけました。

連合は今年、広く各政党に出席を呼びかけたことから、安倍内閣総理大臣をはじめとする各党代表も挨拶に立ちました。民主党の海江田万里代表は、「働く者の犠牲による見せかけのデフレ脱却は長続きしない。政府の進めようとしている労働者保護ルールの改悪は、断固として阻止しなければならない。連合の皆さんと連体して、国民のいのち、雇用、暮らしを守ることを誓う」と挨拶しました。

その後、『働くことを軸とする安心社会』の実現を宣言する「メーデー宣言」と、長時間労働誘発の恐れもある労働時間制度見直し等に反対する「特別決議」を参加者全員で採択。最後にガンバロウ三唱で式典を締めくくりました。
この日、NCCUはマスコミ数社の取材を受けました。そのうち、NHKの取材に応えた南関東総支部の組合員のコメントは、同日夜7時の全国ニュースで放映されました。

イメージ

ガンバロウ三唱

イメージ

左から古賀会長、海江田民主党代表、NHKの取材を受ける組合員、プラカードの写真はこの日の新聞夕刊に掲載されました

イメージ

今年の中央メーデーはNCCUから60名が参加しました

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.