トピックス

トピックス一覧をみる

ふるさと自然村が異議申し立て

2008年10月8日掲載

社会福祉法人ふるさと自然村が不当に組合員を解雇した事件について、9月29日の労働審判で、高知地方裁判所が法人に対して解雇の無効と不払い賃金の支払いを命じていましたが(記事はこちら)、10月3日、法人はこの審判を不服として異議申し立てを行いました。今後は通常訴訟に移行し、争うこととなります。
NCCUとUIゼンセン同盟は9月29日の審判の決定を受け、法人に対し、当該組合員の復職とこれ以上争わないことを要求していました。今後も、これまで同様当該組合員の主張を支持し裁判の支援を継続していきます。

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.