トピックス

トピックス一覧をみる

新型コロナウイルスCOVID-19感染防止に対する取り組みについて

2020年2月18日掲載

2020年2月18日


新型コロナウイルスCOVID-19感染防止に対する取り組みについて

日本介護クラフトユニオン

現在の国内の状況をみると、中国や武漢市との関連が不明で感染経路を特定できない患者の発生が認められ、市中感染も発生し始めている。介護業界においては、厚生労働省が介護事業者に対し感染対策マニュアルに沿った対応の徹底を求めており、特に感染経路の遮断に対する対策が重要であるとの認識を示している。

■NCCUの基本的考え方
「新型コロナウイルスCOVID-19は、高齢者や基礎疾患のある方は罹患により重篤化することが懸念される」と多くの専門家が指摘しており、一部の楽観的な意見に惑わされてはならない。
組合員の働く職場で感染者が発生するという最悪の事態を想定すると、施設入所者やサービス利用者を守り職場を守ることは、組合員の暮らしを守ることに直結すると言っても過言ではない。
そのため、組合員の働く高齢者施設や高齢者宅等での感染拡大を防ぐための措置を強力に行うことは極めて重要である。組合員への感染を予防・防止し健康被害の発生を防ぐことはもちろんのこと、組合員が感染したことによる高齢者への二次感染は絶対に避けなければならない。

■組合活動における当面の対応について
1. 組合員、組合役員を対象とした会議・イベント・研修会について
(1) 原則として、国内における感染の終息、有効な治療法の確立等の条件が整うまでは中止または延期する。
(2) 直近開催のものを除き、中止または延期の判断は実施予定日の3週間前とし、2週間前までに参加予定者に対し周知を完了するよう努める。
(3) 労使交渉等に必要な、NCCU組織強化教育担当者および分会三役による打合せは感染防止に十分に留意し行うこととする。
(4) 勤務事業所内での職場会議・職場集会は中止または延期の対象としないが、他の事業所に勤務する組合役員や専従者等の勤務事業所外からの参加は不可とする。
(5) 中止または延期に伴いキャンセル料等が発生した場合は、全て本部負担とする。

2.上部団体等が主催する会議・集会への対応について
(1) 非専従者は、出席・参加しないこととする。
(2) 専従者は、会議における役割や目的、規模、出席者等を踏まえ都度判断する。

以上

上へ戻る

Copyright(C)2012- Nippon Careservice Craft Union all rights reserved.